« 新しい才能の集まる場所 | トップページ | 雑誌不況というが »

炎上について

毎日世界のどこかでブログが炎上している。

大抵は作者の不用意な発言とか、偏見に満ちた意見とか、間違った
情報による決めつけなどが原因となって炎上する。たまには行き過ぎた
自意識がカンにさわるのか、そういうのが原因の場合もあるけど。
でも全くの無実の人のブログを誹謗中傷攻撃するほどネットの住人た
ちもヒマではない。

で、炎上すると大体はあわててコメント欄を閉じるか、サイトそのものを
閉鎖してしまうので、もうそれ以上はどうにもならなくなる。雑誌で言う
と回収になるのかなあ。証拠隠滅はいかんですよ。(だけど実際はコピ
ペされてどっかに置かれてるんだけどね)

常々、ネットのいいところは雑誌などのメディアに比べて、もっとライブ
感のある、生の意見が聞けるとこだと思ってたので、あまり炎上が日常
的になると、皆が自主規制してよそ行きの意見しか言わなくなってしまう
のが残念だ。実際企業は社員の社名を出してのブログを禁止している
ところが多いし、タレントのブログもほとんどは事務所が管理している。
本人が書いているかと゛うかも怪しい。

でも「炎上」って、ネットから生まれた受け手側のダイナミズムな行動だと
思ってるから、それも止めてほしくないし。

精神論とかモラル論で解決できるようなことではないと思う。

どっかで「炎上博物館」とか「炎上決闘サイト」とか、全くの新しい方法で
炎上になったら別ステージが待っているとかできないかなあ。

|

« 新しい才能の集まる場所 | トップページ | 雑誌不況というが »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535262/44275557

この記事へのトラックバック一覧です: 炎上について:

« 新しい才能の集まる場所 | トップページ | 雑誌不況というが »