« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

暴力団追放?

この前友人が「面白いポスターがある」と言って教えてくれたのが写真のポスター。
原監督が「暴力団追放」と言っているのだが、なぜ野球チームの監督が「暴力団追放」なのかどうしても分からない。有名人を使いたいのだったら、例えばだけど渡哲也だったら刑事ドラマのイメージが強いので、分かりやすいと思うのだけれど、原監督がなぜ暴力団追放なのかよく分からない。

大阪府警のポスターだが、以前に清原を使った「覚醒剤うたずにホームラン打とう」という傑作コピーがあった。これではまるで清原が昔はシャブ中だったけど、今はそこから立ち直ってホームランバッターになったようではないか。

政府や役所のやることはホントわけわからん。200905251042000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

裁判員制度スタート

重要度のわりにはみんな大して関心のない裁判員制度がスタートした。

既に問題となって、冤罪の可能性も出ている最新の「DNA鑑定」の真偽などをめぐり、警察・検察の捜査のあり方など多くの課題を抱えた裁判員制度だが、ぼくはいちばんの問題は「みんなそんなに秘密を守れないんじゃないか」だと思う。

プロとして職業意識の高い、もしくは秘密漏洩により自分がピンチになるという損得勘定のきちんとした弁護士や裁判官などに比べ、プロではない裁判員にそこまで負わせるのは酷だ。誰だって知ってることはしゃべりたくなる。

・・そんなことを考えていたら、なんと浜村淳が少し前の新聞でこんなことを言っていた。
「裁判員の守秘義務も市民にとっては重い。人間は自分だけが知っていることはついしゃべりたくなる・・」

おおおおおっ! 浜村淳が言うとものすごく説得力あるぞ。もし浜村淳が裁判員になったら大変だ。200905122046000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば知事と言おう

わはははははは、これはいくらなんでもダメだろう。

http://www.asahi.com/national/update/0521/TKY200905210373.html

千葉県知事の森田健作が剣道の免状を持ってなかったということが判明。なんと「自称二段」だったわけだ。

森田健作については、選挙の直後から無所属疑惑や資金疑惑などかなり追求されていたが、どうやら起訴にはならずに逃げ切りそうな雰囲気。まあ結局自民党の庇護の下にいるわけだから、そのへんは守られてるんでしょ。マスコミもあんまり関心ないみたいで世論の盛り上がりもないし。

でも剣道に関しての偽装はいくらなんでも酷いと思うなあ。だって森田健作だよ、彼から剣道取ったらいったい何が残るの? 吉川クンも怒ってるぞきっと。笠智衆の源之助じいさんも草葉の陰で怒ってると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスク狂想曲

ニュースを見ていたら、どこかの高校だが中学が、カヌー教室をやるのに新型インフルエンザ予防のために、生徒全員にマスクをつけさせている映像があった。

ジャージにヘルメット、それにマスクの集団がカヌーに乗っているというのは、はっきり言って異様である。いまはyoutubeがあるからこういう映像はすぐに海外に流れてしまう。

自分はこういうことに対して主観では「異様な風景だ」と思うけど、だからといって「こういうのが世界に発信されると日本人全体が奇異の目で見られるから、グローバル的な視点からよろしくありません、はい!」などと言うつもりもない。日本は日本、外国は外国である。

ただ、やっぱり他の国の人から見れば相当ヘンには思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

忍者でござる

この前、何かのテレビ番組で忍者を紹介していて面白かった。
日本初の忍者は、一説では聖徳太子が「志能便(しのび)」と呼ばれる諜報集団を使ったのが始まりとされている。「忍(しのび)」は「志能便(しのび)」から来ているのだ。
しかし忍者が活躍したのは戦国時代である。大抵の城下町には忍者がいて、いまだに地名として「忍町」というのが残っている地域もある。

だが、忍者でいちばん大切なことは、忍者と悟られないこと。みんないかにして目立たないようにするかに苦労していたようだ。忍者の服装は頭巾を取れば農民の作業着と見分けがつかない工夫になっている。忍者とはスパイだから、正体を知られないことはスパイの基本である。そうやって一般の市井の人々に混じって諜報活動をするのだ。

でも「忍町」なんていかにものとこに住んでたら、「私は忍者です!」って言ってるようなもんだと思うけどなあ。なんかマヌケっぽいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だって風邪でしょ

新型インフルエンザの報道が連日すごい。
報道に乗せられてか、修学旅行やイベントを延期したり、休校したと、厚労大臣が興奮して記者発表したり、マスクが売り切れたりととにかくみんな忙しい。
確かにインフルエンザを予防、感染の拡大を防ぐことは大切だが、そこまで大騒ぎすることか。

だって、ただの風邪でしょ。いや、もちろんただの風邪とは違うし、仮に風邪だとしても「風邪は万病のもと」というくらいバカにしてはいけないものだけど、それでも今回の新型インフルエンザは症状は軽いし、タミフルで治るし。

日本では1日に100人くらいの人が自殺している現状を考えれば、もっと大事なものがあることぐらい容易に想像がつくだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微妙な民主党

民主党の代表が鳩山になった。
街の声を聞くと評価していない人も多く、以前は「政権交代間違いなし」と言われていた衆議院選挙もけっこう微妙な感じである。

というのも「小沢の西松建設問題のケジメをつけていない」という声に民主党は何も答えていないからである。
ぼく自身は「こんなの国策捜査以外の何ものでもないし、じゃあ自民党の方が政権与党としてもっと酷いじゃないか」と思うのだが、大方の意見はそうじゃない。あくまでも小沢問題が「問題」なのだ。

つまり今回の代表選は民主党が有権者の声をきちんと汲み取れていないことに尽きる。

野党として民主党は、アメリカの民主党のオバマのドラスティックな政権奪取から何も学ばなかったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の天才

この前、知り合いと話していて、ある人の話題になった。
ある人とはぼくと知り合いとが共通に知っている人物なのだが、かなりの売れっ子で本もたくさん出している人物だ。なんと彼は節税対策を何もしていないというので、びっくりした。

彼ほどの仕事があれば、それに伴う経費はたくさんあるはずだ。例えば本を書くにはたくさんの資料だって必要だし、移動のタクシー代だって重なればバカにならない。会社組織にした方が絶対に節税になる。それを何もしないで、人も雇わないで、とにかく申告時には支払い調書を全て税務署へ待っていき「私の税金はいくらですか」と聞くだけなのだ。それで言われた額を払うし、戻ってくるものはそのまま受け取るだけ。

自分の仕事以外のことには本当に無頓着。天才とはこういう人のことを言うのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲッサン

昨日は『ゲッサン』の発売日だった。『ゲッサン』とはもちろん月刊少年サンデーの略だ。
あっ、全然「もちろん」なんかじゃないか、普通分からないか。

で、書店で偶然に聞いた店員と店長(らしき人)との会話。

店長「『ゲッサン』はどうなの?」
店員「いや〜、全然ダメですね」
店長「そうかあ・・」
店員「過去最低ですねえ」

何が過去最低か分からなかったが、おそらく出足のことだろう。
読者の雑誌離れは深刻な問題だが、ここでがんばらないと業界全体が本当に沈んでしまう。
ガンバレゲッサン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎辞任

ちょっと遅過ぎたかなと思う辞任劇だが、そんなことは本人がいちばんよく分かっているはず。政治の世界には素人には分からないようなプロの事情がたくさんあるのだろう。それは例えば、雑誌の特集なんかでもよく読者からいろいろと意見をもらうことがあったけど、大半は編集側もそれは分かってはいても、出来なかった事情があるのだ。どんな世界でも同じ。

それよりイヤだったのは、街の声ということで、テレビが新橋などのサラリーマンの声を拾うのだけれど、みんなとにかく文句が多い。なんでも反対。「辞任しろ辞任しろ」というから辞任したら今度は「無責任だ」「説明責任を果たしてない」と。みんなどんなことにも「一過言あり」というエラソーな感じ。

これについて友人と話していたら「テレビのコメンテータが諸悪の根源なのでは」と言っていた。どんなことにも異を唱える。なんでも反対。例え反対でない内容であっても賛成しないで「ていうか・・」と言って前の意見をただ表現方法を変えて言い直す。

みんなそうでもしないとアイデンティテイが保てないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただの市民

ちょっと前だけど『SPA』を読んでたらヤクザ業界も不況で大変だという記事があった。ヤクザのシノギといえば「博打」とか「テキ屋」「みかじめ」などの古典的なものから、闇金、クスリ、管理売春、裏DVDなどのイリーガルなものまでいろいろある。

ただどんなに不況でも組織への上納金は減らせないから、みんな涙ぐましい努力をしているらしい。最近だとチケット代行とか、でもヤフオクもあるしすごい薄利らしい。

で、中にはタクシーの運転手になったヤクザもいるらしい。でもそれってもうヤクザではないのでは。ただのマジメに働いてる市民じゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハードオフに行ったら・・

この前不要なモノをハードオフに売りにいった。
ハードオフはゲームからビデオ、DVD、フィギュア、楽器などいろんなモノを買い取ってくれる。

買い取りに出したモノの中に、非売品のモノがあった。先行予約か何かの時にオマケについてきたモノだ。
そしたら「非売品は買い取れません」と店員が言う。まあ、それはいい、店の方針なんだから。問題ない。
しかしその後に「非売品でも値段がついてればいいんですけどね」と。

んー、それは非売品とは言わないのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紺屋の白袴

この前職安に行ってきた。ホームレス編集長だからね。
あっ、今は職安じゃないか、ハローワークね。

とにかく不況のせいもあって、ものすごーく混んでるの。もう老若男女関係なく人大杉って感じ。
だけどどう考えても職員の数が少な過ぎる。

それで思ったんだけど、これってダメじゃん。自分のとこがこんなに人員不足で。「いますぐハローワークに相談した方がいいのはあなたのとこじゃないの」って思った。「ヨソの会社に斡旋なんかしてる場合じゃないでしょ」って思った。

医者にいったらそこの先生がすごい風邪引いてたみたいな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしても撮らずにいられない

この前、骨董市へ行ってきた。そんなことはどうでもいいんだけど、やっぱりこういう写真があると撮らずにはいられないんだよな。どうしても。Record

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一瞬タイムスリップ

コンビニで漫画を立ち読みする。
おっ、ヤンジャンで『キャプテン翼』がまた連載再開かあ。
あっ、チャンピオンに『ブラックジャック』が載ってるぞ。

え゛っ、スーパージャンプに『きまぐれオレンジロード』が載ってる〜!
いったい今は昭和何年なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »