« ただの市民 | トップページ | ゲッサン »

小沢一郎辞任

ちょっと遅過ぎたかなと思う辞任劇だが、そんなことは本人がいちばんよく分かっているはず。政治の世界には素人には分からないようなプロの事情がたくさんあるのだろう。それは例えば、雑誌の特集なんかでもよく読者からいろいろと意見をもらうことがあったけど、大半は編集側もそれは分かってはいても、出来なかった事情があるのだ。どんな世界でも同じ。

それよりイヤだったのは、街の声ということで、テレビが新橋などのサラリーマンの声を拾うのだけれど、みんなとにかく文句が多い。なんでも反対。「辞任しろ辞任しろ」というから辞任したら今度は「無責任だ」「説明責任を果たしてない」と。みんなどんなことにも「一過言あり」というエラソーな感じ。

これについて友人と話していたら「テレビのコメンテータが諸悪の根源なのでは」と言っていた。どんなことにも異を唱える。なんでも反対。例え反対でない内容であっても賛成しないで「ていうか・・」と言って前の意見をただ表現方法を変えて言い直す。

みんなそうでもしないとアイデンティテイが保てないのだろうか。

|

« ただの市民 | トップページ | ゲッサン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535262/44984527

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎辞任:

« ただの市民 | トップページ | ゲッサン »