« さらば知事と言おう | トップページ | 暴力団追放? »

裁判員制度スタート

重要度のわりにはみんな大して関心のない裁判員制度がスタートした。

既に問題となって、冤罪の可能性も出ている最新の「DNA鑑定」の真偽などをめぐり、警察・検察の捜査のあり方など多くの課題を抱えた裁判員制度だが、ぼくはいちばんの問題は「みんなそんなに秘密を守れないんじゃないか」だと思う。

プロとして職業意識の高い、もしくは秘密漏洩により自分がピンチになるという損得勘定のきちんとした弁護士や裁判官などに比べ、プロではない裁判員にそこまで負わせるのは酷だ。誰だって知ってることはしゃべりたくなる。

・・そんなことを考えていたら、なんと浜村淳が少し前の新聞でこんなことを言っていた。
「裁判員の守秘義務も市民にとっては重い。人間は自分だけが知っていることはついしゃべりたくなる・・」

おおおおおっ! 浜村淳が言うとものすごく説得力あるぞ。もし浜村淳が裁判員になったら大変だ。200905122046000

|

« さらば知事と言おう | トップページ | 暴力団追放? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535262/45130657

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度スタート:

« さらば知事と言おう | トップページ | 暴力団追放? »