« だって風邪でしょ | トップページ | マスク狂想曲 »

忍者でござる

この前、何かのテレビ番組で忍者を紹介していて面白かった。
日本初の忍者は、一説では聖徳太子が「志能便(しのび)」と呼ばれる諜報集団を使ったのが始まりとされている。「忍(しのび)」は「志能便(しのび)」から来ているのだ。
しかし忍者が活躍したのは戦国時代である。大抵の城下町には忍者がいて、いまだに地名として「忍町」というのが残っている地域もある。

だが、忍者でいちばん大切なことは、忍者と悟られないこと。みんないかにして目立たないようにするかに苦労していたようだ。忍者の服装は頭巾を取れば農民の作業着と見分けがつかない工夫になっている。忍者とはスパイだから、正体を知られないことはスパイの基本である。そうやって一般の市井の人々に混じって諜報活動をするのだ。

でも「忍町」なんていかにものとこに住んでたら、「私は忍者です!」って言ってるようなもんだと思うけどなあ。なんかマヌケっぽいぞ。

|

« だって風邪でしょ | トップページ | マスク狂想曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535262/45067847

この記事へのトラックバック一覧です: 忍者でござる:

« だって風邪でしょ | トップページ | マスク狂想曲 »