« SでもなければMでもない | トップページ | 三沢選手がなくなった »

もし一度だけ目が見えたら

ピアニストの辻井さんに「もし一度だけ目が見えたら・・」などと無神経に質問をした記者がいた。

多分ほとんどの人は、目の見えない人に対するこの質問を聞いて感じが悪く思ったと思う。それが普通の神経だ。普段マスコミは、さも「差別に対してきちんと対応していますよ」的なポーズを見せて、例えば差別用語を表面的に言葉狩りしたりしているのだが、それがいかに表面的で本質的なことは何も分かってないと思う。

いちいち理屈で説明するのもバカバカしい。なぜ生理的にこんな質問がいかに失礼極まりなく、傲慢なものであるかが分からないのだろうか。ルールとかマニュアルもいいけれど、それらに頼り過ぎることは、個人の思考の判断力を弱め、結果として今回のような、確かに辞書に載っている差別用語こそは使ってないけれど、それ以上に無礼な表現をして何とも思わないということになる。

自分は朝日新聞を取っているのだが、このやりとりを載せることに社の誰も何も思わなかったのか?

|

« SでもなければMでもない | トップページ | 三沢選手がなくなった »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535262/45344263

この記事へのトラックバック一覧です: もし一度だけ目が見えたら:

« SでもなければMでもない | トップページ | 三沢選手がなくなった »