« 校正と校閲 | トップページ | 誰もがやっていることなのか? »

仕事についての評価なのだが

この日記を読んだ方からの感想の中には、「唐沢氏だけが悪いわけではない」といったメールもある。
こうしてオープンなカタチで意見を発表すると、そういった自分には思いつかなかったような側面からの捉え方も発見できて、そのことは素直に嬉しい。結果として自分の見方が偏っていたということもあるし、考え方にも広がりが出る。
……ていうか、もともと自分は唐沢氏だけに責任があるのではなく《自分も含めた編集者の責任》と、ガセや盗用が生み出されるシステムを検証するのが目的で、唐沢氏個人を云々という趣旨で書いたはずではなかったのだが。多少「迷惑」呼ばわりされたことで「それはないのでは」とも思ったが、基本的には個人攻撃が目的ではない。「ライターと編集者」というもっと大きな問題について提起したかった。でも「仕事」について評価が出るのは当たり前のことで、精度の低い仕事を発表すればマイナスのリアクションが出るのも当然のことだ。それは本人のパーソナリティとは関係のない部分。(しかし盗用はちょっと違ってくると思うが)
さて、冒頭で書いたことについては、メールを頂いた本人に許可を取ってから転載したいと思う。

|

« 校正と校閲 | トップページ | 誰もがやっていることなのか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535262/46914800

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事についての評価なのだが:

« 校正と校閲 | トップページ | 誰もがやっていることなのか? »