ゲーム

前言撤回します

この前の日記で「ドラクエ9」を酷評しました。
「通信をやらない人には大して意味のないシステムだ、新しいことなど必要ない、ドラクエは大いなるマンネリがいいんだ」と。

しかし!BUT! オレは間違っていた、すいません。いま「すれちがい通信」にハマってます。“まさゆきの地図”も手に入れたし。いやあ実に面白い。「ドラクエ9」は新しいゲームの楽しみ方のドアを開いたソフトだ。

実は同じようなシステムは昔“ラブゲッティ”という専用端末であった。それなりに売れたようだが、そもそも街でのナンパ目的につくられた“ラブゲッティ”は結局時代の徒花で終わってしまった。いや、それすらにもならなかったかな。だって知らない人のが圧倒的多いし、持ってること自体が恥ずかしかったし。失敗の原因はハードとソフトがきちんとつり合ってなかったんだと思う。どんなに素晴らしいアイデアだって誰も使わなかった、使いたくもなかったらはじまらない。

その点、ドラクエという国民ソフトで、このシステムを取り入れた意義は大きい。ドラクエだからこそ可能になったシステムだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酷評ドラクエ

ドラゴンクエスト9がネットで酷評されている。

自分、ドラクエはもちろん全部やっている。それも同じモノでもプラットフォームが違うと(SSとかGBとかPSなど)それも含めて全てだ。(ひとつだけ例外、MSX版はやってないや)でもそれ以外は外伝も含めて全部やっている、いや外伝どころか「トルネコ」などのドラクエモンスターが出るものもやっている。

だからドラクエにはひと言言わせてもらいたい。確かに今回のは駄作だ。

今回は通信システムをすごく奨励した作りになっている。それはアバターを充実させていることからも明らかだ。だからこのシステムは通信をやらない人にはあまり意味がない、着せ替えなんかしたって従来のドラクエの持つおもしろさには何のプラスにもならない。

パーティの仲間は自分で作ることになり、今までの旅の途中でストーリーの流れで仲間になるというイベントがなくなってしまった。だからキャラに対する思い入れも薄くなった。変なコギャルの登場もドラクエの世界ブチ壊しである。またモンスターを仲間にすることもなくなったので、毎回戦闘が終わるごとの楽しみもなくなった。

ドラクエは寅さんでいいと思う。毎回トルネコやカンダダが出て来て、ロトの伝説や天空の話にからんでくる。この大いなるマンネリでいい。山田洋次は偉大である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)