日記・コラム・つぶやき

オタキングexに入ってみたよ

岡田斗司夫氏のオタキングexに入社してみました。
なんのことだか分からない人はこちらを参照。
http://otaking-ex.jp/wp/

自分なりに少しかいつまんで説明すると、つまり社員が社長である岡田氏に「月に1万円の給料を払って、岡田斗司夫と仕事をする」という会社。100人社員がいれば、岡田氏のもとには月に100万円が入る。そして岡田氏の会社設立の目的は「人類の苦痛の3%を軽減する」である。exはエキスパンド(拡張)を意味し、ひとつで「会社」「学校」「家庭」の役割を担う。さらに現在の貨幣経済の転覆を狙って、評価経済へと移行させる。そのため岡田氏は今後は基本的に自分のギャラは全てフリー(無料)にし、著作物も無料で配布する。

しかし厳密に言うとオタキングexは法律上の会社ではないので、会社という名称を使うのは間違っている。もっと「ファンクラブ」とか「友の会」とか「塾」とか、会費を取るのが当然の組織の名称にすれば波風が立たずに済んだものを「なぜ“会社”という名称にこだわるのか」というのを、会社設立前の岡田氏に問いただしたことがあった。その時岡田氏はそれについてあまり理屈立てての説明ができてなかった。でも「自分のいまやりたいことを表現するのには、どうしても会社という名称を使わなければならないんだ、例え誤解されるリスクがあっても」というようなことを言っていた。

ただ自分にはそんなことはどうでもよかった。だって最初から岡田氏は入社したからといって、金銭的なメリットはゼロであると言っていたし、集まったお金は全部自分が「岡田斗司夫らしく使う」と明言していたので、もし法律上の会社だつたら発生するようなお金の見返りなんてはなから期待していない。

で、もともと自分は長い間編集者として岡田氏の担当だったので、わざわざオタキングex.に入らなくてもこれからも一緒に仕事はできるのだが・・でも逆に編集担当として、岡田氏がこれから新しいことを始めるのにそこに自分がいないというのもイヤだったので、入社した。

巷ではサギだとか宗教だとか言っている人もいるけれど、本当に「大ぼら一代」なのか。そして岡田氏がこれからどうこの組織をマネジメントしていくのかを実際に自分の目で見たいというのもあった。入ってないと共通の話題もないからね。

というわけで、これから何回かにわたって「入社してみてどうだったか」を書いてみたいと思います。

| | コメント (35) | トラックバック (0)

新聞コメントについて

唐沢俊一検証blogで、唐沢氏の朝日新聞へのコメントについて検証がされていた。
http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/20100209/1265676326
「自分フィギュアに注文殺到」という現象について、フィギュア文化に詳しい唐沢氏が「自己愛の強い世代が大人になり、不況などで思い通りにいかない現実のなかで、『幸せな自分』『理想の自分』を偶像化している」といったなんとも眠くなるようなコメントを寄せている。どう眠いのかというと、ゲーム好きの引きこもりが犯罪を犯した時のよくあるコメント「ゲームばかりやっているうちに虚構と現実との区別がつかなくなったのでしょう」というくらい退屈で凡庸なレベルだ。
 元フィギュア専門誌の人間から言わせてもらえれば、自分フィギュアなんて単なる似顔絵の立体バージョンでしかない。ただの珍しさで受けているだけで、昔から自分の姿を似顔絵で残したいという層は一定数存在している。ライダーの「自分魂」はこれは熱心なライダーファンが買っている、それだけだ。
 しかし、新聞を作っている側からするとそれではダメなのだ。そんな盛り上がらないコメントでは記事にならない。こういうコメントをした人がいたらまず採用されないし、二度と依頼は来ないだろう。この場合の新聞的正しい回答は眠くなるような唐沢氏の方のコメントの方だと思う。但し唐沢氏が新聞といういまや年寄りしか読まないような媒体の特性そこまでを計算してコメントしていたかどうかは分からないが。でもそうだとしたら「あいつあんな眠いコメント寄せてる」とみんなに思われてイヤだろうけど。
 ただ新聞からしたらこういう人は便利なんだなと思う。取材依頼に対していちいち「企画書出せ」とか「校正はいつだ」とかうるさいこと言わない(多分)だろうから。大抵の場合、電話でのコメントって自分の全然意図してない発言だけを抜き取られそこだけ使われてしまうことが多い。だからまともな人はコメント取材ってあまり受けないんだよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新聞読まなくなったなあ・・

ここ数日の小沢報道を見ていると、やっぱりマスコミってとてつもない権力なんだなあと思った。
ボブ・ディランもかつて言った「30歳以上は信じるな」だが、今なら「新聞・テレビは信じるな」だ。

どんなことにも両方の意見があって、いちばんいいのはその相反する意見を十分に集めて吟味して、その上で自分なりの結論を出すことだ。今はインターネットがあるから簡単に集められるはず。手間を惜しまないでほしい。

ぼくがとてもイヤだなあと思うのは、新聞やテレビなど報道関係者の思い上がった取材態度だ。彼らは「報道は全てに優先される」とでも思っているのだろうか。いろいろな現場で「オレ報道だよ」といった記者やカメラマンのエラそうな態度を何度も見てきた。昔NHKが「ゆく年くる年」で、どっかの寺の静寂な感じを出したいという意図で、一般参拝客をTV中継が終わるまでシャットアウトしていた事件があって、NHKは陳謝したことがあった。

マスコミ、とくに報道の人間には、鼻もちならないエリート意識のある人間が多いように感じられる。自分たちが一般大衆をリードしているという意識が強いのだろうか。それは雑誌を作っている人間たちの「これでブームを起こしたい」といった「自分たちがおもしろいと思ったものを流行らせたい」といった欲求とは違うのものだ。新聞もテレビも読者、視聴者を一段下だと思ってる。でもなきゃあんな論調で語れるわけがない。ぼくのPCのヨコには開かれもしないで日々溜まっていく新聞が山積みになっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続・バーバラ・アスカ氏への返信

バーバラ・アスカ氏のブログに載せられた私への手紙に対しての返信です。
http://blog.bestseller.jp/?eid=325
なせか公開というスタイルで行われているので、それに合わせてます。


はじめにお詫びを。すいませんでした。「バーバラ・アスカ」に訂正しておきました。

というわけで、やっぱり思ったとおり意見は合わないですね。合わないのは仕方ないですし、こっちも「自分の意見が正しい」というつもりもないです。
これ以降はお互いに自分の意見のリピートになってしまうでしょう。でも「雑学の本でガセを入れてはいけない」は一致してますね。それから「『新・UFO入門』問題はすぐにきちんと謝るべきだった」とか、「唐沢俊一はクロ」とかも一致してます。ただそれらの前提となる「ガセとパクリ」の定義があまりにも違い過ぎちゃって全然噛み合ないです。ここが合わないと全ての議論は無駄になります。でもとりあえずバーバラさんの意見はよく分かりました。

検証blogを読まないことに関しても「すいません」と言われていまうとそれ以上はもうつっこめないですし。
ただ別の視点で、あれを「読者からの意見」と考えたらどうでしょうか。検証班氏は立派な読者の一人ですよ。
検証blogを読まない理由は個人的に聞いていますし、読む読まないは個人の自由ですが、それでも読者からの意見、感想に目を通さないというのは編集者として「間違っている」と思います。これに反論する人はいないと思います。自分は先輩編集者に「読者からの意見は宝の山と思え」と教えられましたよ。
もちろん読者からの意見であっても、感情による根拠なき誹謗中傷や、本の内容ではない人格攻撃などには耳を貸す必要はないですが、検証blogはそういったものではないことは保証します。

質問にあった「肝心なところ」というのは検証blogで、指摘されている数々の盗用です。ガセは百歩譲って「無知であった」でバカにされるだけで済まされると思いますが、盗用は罪ですよ。検証blogの中でその犯罪の証拠がきちんと示されています。ここを無視して「時代」「文化」のせいにしてはいけないということでした。

唐沢氏が自分に対して「迷惑」だと言ったことの背景には「自分が検証blogを面白がっている」という理由があったと思われます、実際にそう言われました。つまり、本当に心配しているのではなくて、からかっているのだと。本当にあの時は『唐沢さんのアタマの中の消しゴム?』と心配したんですけどね。しかし、その真偽は実はどうでもいい。これもやっぱり肝心な問題を逸らしています。話は「検証blogには耳を貸すべき内容が含まれている」ということだったのが、いつの間にか「面白がってそういうことを言われて迷惑である」ということになってしまっている。「担当編集としてあんなヨタblogを信じるなんてけしからん」とかだったら、そこから話は「どの部分がヨタなんですか」などと発展させられたんですが

あまり長くなってもいけないので、このくらいにしておきます。

そうそう、「唐沢俊一の人気の秘密は?」という質問ですが、これはまた別の機会に返答させて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーバラ・アスカ氏への返信

一昨日、唐沢氏の担当編集の一人、バーバラ・アスカ氏より「ガセパクリ問題をどう考えているか」の質問に対する返事を頂きました。私信かと思ったら、同じものを自身のブログでも公開されていました。
http://blog.bestseller.jp/
なので、返信に関してもバーバラ氏のスタイルに合わせて公開したいと思います。


バーバラ・アスカ様

メールありがとうございました。

まずはっきりとさせておきたい自分の立ち位置ですが、自分も唐沢氏の編集担当でした。なのでいまいろいろと検証されているガセやパクリについて、あれこれと言える立場ではないです。加害者と被害者の関係で考えれば加害者の方です。その責任を感じ、自分のブログで、なぜこういうことが起きたのか、その原因と仕組みを検証しています。その理由はこのことを関係者全員に知ってほしいと思っているからです。そしてそれを知った上で、後はそれぞれの関係者が個人個人どうすればいいかを考えればいいと思います。

さて、まず最初に素朴な疑問です。

>何しろ検証blog読んでいませんから
と書いていますが、なぜ読まないのでしょうか。なんだか「訴状を読んでないので今はコメントできない」と言われているようです。検証blogにはバーバラさんの編集した『博覧強記の仕事術』についての詳細な検証もされています。自分の作った本が、どう評価されているのか興味ないですか? 確かに全体のボリュームとしては相当量ありますが、自分の関係したところだけでもいいのでぜひ読んでほしいと思っています。

次に全体を通してのバーバラさんの論調ですが、正直ちょっと苦しいなあと思いました。
具体的な箇所で言うと

>ガセとパクリが許されるかどうか、は「時代」と「文化」(慣習)によって決まるのだと思います。
という一文がありますが、もちろんそういう例もあるでしょう。でも唐沢氏の仕事にそれを当てはめるのは違うと思います。昔の『少年マガジン』を「時代が許していたガセ」と書いていますが、同じようなウソニュースは今でもミリオン出版などの雑誌などではありますし。でも唐沢氏の場合は「トリビアの泉スーパーバイザー」という肩書きや、雑学博士など本人も周囲もそのような人物として認識していたと思います。中岡俊哉として書いていたわけではないでしょう。「雑学」とは専門分野を定めずに雑多な学問を研究することで、そこには「研究している内容にウソがあってもいい」などということはありません。それにほとんどの読者は唐沢氏の書いてきたものは本当のことだと理解して本を買っていたはずです。

>「ウソかホントかわからない怪しげな情報を『本当にあったこと』として発信し、それがかもしだす怪しげな雰囲気も含めて楽しむ」ということだと思います。

これはガセを正当化するための、ただの後づけの苦しい言い訳としか思えません。もし仮にいま現在はそういう立場で書いているとしても、そうなると、その時々の自分の状況によって態度をくるくると変える信頼出来ない人ということになってしまうのでは。

>おそらく「怪しげな雰囲気」を出すために「ガセ」も入れる必要があったのだと思います。
これも全く意味が分かりません。もちろん見せ方として「怪しげな雰囲気」を出すことは必要な時がありますが、それだったら編集的テクニックとして「イラストや装丁を怪しくしてみる」とか他に出来ることはたくさんあるのでは。少なくとも雑学の本でガセを入れては絶対いけないことぐらい分かるはず。

パクリについても同人誌の二次創作の例を出していますが、あれはみんな自分で描いてますよ、ある意味ではオリジナル。それに元ネタだってはっきりとしている。でもパクリは発覚しない限りは元ネタも分からず、本人は探す以外何の努力もしていないじゃないですか。探すのだっていまは検索エンジンでカンタンだし。同人を「文化が許すパクリ」として唐沢氏のパクリと一緒にしたら同人の人たち怒りますよ、きっと。ただの詭弁にしかなっていないと思います。

 
これを「時代」と「文化」のせいにしてはいけないと思います。肝心なところから微妙に目をそらせて問題をぼやかしてしまっている。盗作なんて昔から罪ですよ、要するに泥棒ですから。いままでただ発覚しなかっただけじゃないでしょうか。

「人々の権利意識の向上」とかも話が大げさ過ぎると思います。要するに編集者の怠慢、見る目がなかった、それだけのことではなかったのではないでしょうか。だからそこをきちんと認めて、謝罪するべきところはして、今後の再発防止に努める、それで終わる問題だと思います。

『新・UFO入門』の盗用発覚後に、唐沢氏に「雑学というスタイルの仕事はもう変えた方がいいのでは」と話した時に、唐沢氏は自分に「実は私も止めたいのだが周囲が止めさせてくれない」と語ったことがありました。これは大事なことだと思っています。つまり仕事を出す編集者がいるということです。仕事が来ればそれは書いてしまうでしょう。もちろん理想は自分の意志できっぱりとスタイルを変えることが望ましいですが、自分だって同じ立場だったら目の前の仕事を断れるかどうか自信はない。だからやっぱり編集者の責任って大きいのです。唐沢氏の状況を理解し、それにあった適切な進む方向をきちんと出せなかった。唐沢氏もこの問題をタブーとせずにむしろ自分から「どうしたらいいだろうか」と周囲の編集者に積極的に相談していけば、よかったんだと思います。「迷惑」などと言わずに。

なんだか耳の痛いようなことばかり書いてしまって申し訳ないが、率直な感想です。でも、見て見ぬフリをしている関係者ばかりの中、どんな内容であれきちんと意見を発表してくれたことはすごく意義のあることだし、その労力に感謝します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなに迷惑でしたか・・?

唐沢俊一氏が自身のHPに、短期間に同じような内容の日記を続けて発表していたので心配になって「記憶障害か何かでは」というメールを出したら「迷惑なこと」と書かれてしまった。
http://www.tobunken.com/diary/diary20091120115617.html
ご存知の人もいるかと思うが、唐沢俊一氏は盗用問題や記述の間違いなどを複数のサイトで検証されている。これの是非や真偽は別として、本人にとっては相当のストレスであることは間違いないと思う。なので、そういった理由から「もしかして脳にかなりの負担がかかってしまっているのでは」と心配したことがそんなに迷惑なことなのだろうか。

自分には専門知識はないが、脳の不調の初期段階って本人が気づいてない場合が多いと思う。周囲が「あれ、ちょっと変だぞ」と病院に連れて行って初めて病気が発覚して「早目に気づいてよかったね」となったという話も聞いたことがある。ましてや少し前に入院までしているのだから余計に心配したのだが、それがそんなに迷惑なのだろうか。もしこれが自分だったら「大げさな人だなあ」とは思うかもしれないけれど、迷惑だとは思わない。
唐沢俊一検証blogという、唐沢氏の過去や現在の仕事を検証しているHPがある。
http://d.hatena.ne.jp/kensyouhan/
ここでは自分が過去に担当した仕事も検証されているのだけれど、読んでみると確かに納得できる、「ああ自分のチェックが足りなかったな」と。本になった時の原稿に対する責任は編集者にあると思っているので、そういった反省も含めて、今後の仕事をしていくジャンルとして唐沢氏には「誰もがネットで絞り込んだ情報にアクセスできるとなった今は、雑学というスタイルはもう変えた方がいいのではないでしょうか」「周囲にとりまきを置いているのはよくないのでは」と自分の意見を言ったことがある。また今回のやりとりの中でも唐沢氏には「悪意があるかないかは別として、検証班のブログには正しいことが書かれている」と言うことを伝えた。それらが気に入らなかったのだろうか。

ここからの話は唐沢氏でなく同業の編集者たちに向けてなんだけど・・
編集者としての現在の自分の考え方は、以前に友人である町山智浩氏が言った「こんな男の妄言を出版し、物書きとして生活させてしまった編集者たちは社会的責任を取るべきじゃないの?」に賛成だ。
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20081110
感情的な誹謗中傷は別として、これだけ長い期間、いろいろな人から疑問や指摘のある原稿を発表し続けているのだから、自分を含めた編集担当者たちはこの件についてどう思っているのか、それらの指摘に答える義務があると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭りの時期がやってくる

政権交代がいよいよ現実的になってきたが、民主党の浮かれぶりがあまりにもイタイ。本当にこの人たちは自分たちが本気で支持されていると思っているのだろうか。

多分誰も自民党に期待していないのと同じように、民主党にも期待していない。ただ大企業が癒着を防ぐために定期的に主要ポストの配置変更をするのと同じように、ターム変換の必要性を感じているだけだ。

もっと若い世代になるとそれさえも考えてない。日常があまりにも退屈だから、何でもいい「祭り」がほしいだけである。基本の意識は「どっかでプログが炎上してくれてたら面白れーな」と同じだ。政権交代もブログ炎上もただの「祭り」なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのまんま東に提案

「自分を自民党の総裁候補に」なんてケチなこと言わないで、どうせ条件つけるんだったら「たけし軍団を入閣させろ」ぐらい言えばいいのに。大臣は議員じゃなくてもなれるからね。
それで総裁はもちろんビートたけししかいないでしょ。「世界の北野」だから案外外交もいけるんじゃないの。
え「不真面目」だって。でも劇場型政治でタレント候補がバンバン当選してる昨今、有権者の意識なんてこんなもんでしょ。もしこれを不真面目と言うなら、横山ノックや森田健作なんて当選しなかったはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団追放?

この前友人が「面白いポスターがある」と言って教えてくれたのが写真のポスター。
原監督が「暴力団追放」と言っているのだが、なぜ野球チームの監督が「暴力団追放」なのかどうしても分からない。有名人を使いたいのだったら、例えばだけど渡哲也だったら刑事ドラマのイメージが強いので、分かりやすいと思うのだけれど、原監督がなぜ暴力団追放なのかよく分からない。

大阪府警のポスターだが、以前に清原を使った「覚醒剤うたずにホームラン打とう」という傑作コピーがあった。これではまるで清原が昔はシャブ中だったけど、今はそこから立ち直ってホームランバッターになったようではないか。

政府や役所のやることはホントわけわからん。200905251042000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マスク狂想曲

ニュースを見ていたら、どこかの高校だが中学が、カヌー教室をやるのに新型インフルエンザ予防のために、生徒全員にマスクをつけさせている映像があった。

ジャージにヘルメット、それにマスクの集団がカヌーに乗っているというのは、はっきり言って異様である。いまはyoutubeがあるからこういう映像はすぐに海外に流れてしまう。

自分はこういうことに対して主観では「異様な風景だ」と思うけど、だからといって「こういうのが世界に発信されると日本人全体が奇異の目で見られるから、グローバル的な視点からよろしくありません、はい!」などと言うつもりもない。日本は日本、外国は外国である。

ただ、やっぱり他の国の人から見れば相当ヘンには思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧